Pocket

私は、家族と一緒に、5回ほど引越しを経験しています。

その時その時の、通勤時間や生活スタイルの変化に伴い
引越しをしてきました。

いつも、同じ引越し業者さんにお願いしています。
クロネコヤマトもしくは日通単身パックです。
どちらも清潔感があって、作業員さんの感じも良いです。

荷造りは、1か月ほど前から少しずつ自分たちで行います。

引越し業者の作業員さんから、「きちんと荷造りができている」
とよくほめられます。

引越しを数回するうちに、上手になってきたようです。
引越しする手間ひまを考えると、普段から整理しておくことを
心がけるようになりました。

チェストは持たずに、普段から洋服や様々な雑貨を
無印のPPキャリーボックスに入れて整理しています。

このキャリーボックスの良いところは、引越しの際に
入れ替えたりせず、このままの状態で運べること
半透明なので、何がどこにあるのかがわかること
ボックス自体を洗ったり、拭いたりできるので、きれいに使用できることなどです。

引越し時は、キャリーボックスの蓋が開かないように、頑丈に
ハンディーラップで、留めます。

ガムテープで留めると、後でベタベタになるので
ラップは、良いアイディアだと思います。

キッチンで使用するラップより丈夫で弾力性があり
芯には手で持てる棒がついていて、巻きやすくなっています。

食器などわれものに使用する場合は、食器を何枚か重ねて
ハンディーラップで、しっかり縦横にまくと、弾力性があるので
緩衝材にもなり便利です。

他には、傷をつけたくないものなどに巻いておくと安心です。

いつでも、引越しできる状態にしておくということは
いつも整理した状態を保てるので良いと思います。